結婚写真を残してください。

結婚したい、それは誰もが想いたいものです。それで一生懸命に出会いを求めようと思っています。今は仕事で一生懸命になっていますから、あとは余裕を持ってからでないと、きっと苦労しそうな気がします。結婚写真はいいショットを撮れたらいい物だと気付かされています。結婚式で撮影だったり、結婚式を挙げずに二人きりの写真撮影という手段も存在します。写真だけで結婚ビジネスへと結び付けている企業は沢山あります。二人の資金にも限界があります。

女性はウェディングドレスを着たい、人生一度くらい着たい気持ちはあると思います。私もそれを叶えてあげたいものです。写真撮影だけでOKならばそれでいいじゃないか?家族に結婚式を挙げるために協力して貰って楽しんだ方がお得だと判断しました。結婚式は二人の門出を祝う最大の機会だと思っています。二人でバージンロードを歩みたい、新婦ならば父親と一緒に、という気持ちもあるなどテレビドラマのように夢ある結婚式にしたい気持ちは大いに歓迎します。私はそのために、新婦だけでないです。自分の為に、家族を持つために結婚式を盛大に祝って貰う事が何よりも供養になると思っています。結婚写真だけでもいいなと思う半面、経済事情を許せば結婚式を盛大に祝って貰うために、動き出す事が求められています。結婚は一種のイベントになります。人生の転機に立っていると何か二人で困難な機会に遭遇あります。それをどのように乗り越えるか、それで人生が変わる気がします。

そして最大の危機といえば、夫婦生活に避けて通れないのが離婚の危機だと思います。特に家庭を持ち、自分達の子供も生まれたら踏みとどまる理由として子供の存在もあります。家族写真だったり、結婚写真だったりもします。理由は違えど、自分達だけではないという事に目覚めて欲しい、それが夫婦の在り方だと思っています。夫婦は二人三脚ですから、どんな危機的状況にも愛で繋がっていれば最高です。結婚写真がどのような役割を持っているか、それはよく分かっていません。夫婦の間で思い出の一つにしか過ぎないかもしれません。夫婦、家庭に危機を迎えた時こそ真価が問われていきます。それで人生が変わるというのは仕方がないですが、結婚式で誓い合った誓いは、結婚写真には書き込みません。お互いに頭に入れておいてほしい物です。それが結婚式として盛大に行われて、色んな人にも祝って貰いたい気持ちは永遠と残っています。